小学生のための一輪車教室(無料)

東京から「体験の風をおこそう」運動の一環として行っている教室です。
参加費無料。定員は各回20名(新宿コズミックスポーツセンターのみ各回12 人)
参加申し込みフォームから申し込んでください。

〇開催日時・会場

9月23日(日)御殿山小学校体育館
10時~11時30分

9月24日(月・祝) 新宿コズミックスポーツセンター多目的広場*
1回目:13時~14時
2回目:14時10分~15時10分

10月27日(土) 新宿区 四谷ひろば
1回目: 13時~14時
2回目: 14時15分~15時15分

10月27日(土) 上神明小学校体育館
13時30分~15時

11月18日(日)第三日野小学校体育館
14時~16時

体験の風をおこそうチラシ後期_0831

広告

しながわ一輪車交流会2017

2017年12月23日、品川区立伊藤学園第一アリーナで、「しながわ一輪車交流会2017」を開催しました。品川区・港区・新宿区で活動している7つのクラブが、ペア・ソロ・グループの演技を発表し合いました。

ゲストのみなさんのすばらしい演技を堪能したあとは、スキルアップのためのワークショップを全員で行いました。

IMG_1301 (1)

しながわ一輪車交流会

今年も行います。しながわ一輪車交流会。

毎年の悩みが施設の確保。100人の演技者による50~60演目の演技発表。演技者とスタッフ、観覧者の約300人を収容し、20メートル四方の演技スペースを確保できる施設は極めて少ないです。今年は、セベての施設の事前抽選に落ちてしまいました。

その事情を子どもたちが通っている学校の先生にお話ししたところ、格段のご協力をいただき、広い体育館を丸一日お借りすることができました。

例年と同様、12月23日(祝)に開催します。会場は、品川区立伊藤学園第一アリーナです。

東京一輪車演技大会2017

足立区で行われた「東京一輪車演技大会」に協会の仲間たちがおおぜい参加しました。
表彰式で名前を呼ばれたチームも、残念ながら呼ばれなかったチームも、みんないつも以上にいい演技をすることができました。
子どもたちの世代交代もある中でも1歩1歩、確かな歩みを続けてきていることを感じる大会でした。
ビギナー・ノービス・ジュニア・オープンと経験とスキルに別れたジャンルで、初級者でも楽しく参加できるのが一輪車大会の魅力です。

DSC_0275

ユニサイクルダンスナイト2017

6月11日(日)18時30分から約2時間、ユニサイクルクラブ冨士見台主催の「ユニサイクルダンスナイト2017」が品川区立中小企業センタースポーツ室で開催されました。ケーブルテレビ品川のマスコットキャラクター「しながわん」も応援。日曜の夜にもかかわらず、大勢の来場者がありました。子どもたちの演技、一つ一つに声援の手拍子・拍手があり、ちょっぴり落車もありましたが、みんな最後まで笑顔で演技していました。

フューチャリングガールズ、ミラクルチェリーのメンバーによるグループ演技、ユニサイクルなぎさに移籍したメンバーのレベルの高い演技も披露されました。

ワークショップを開催しました。

春休みに入った3月28日、品川区立スクエア荏原で春のワークショップを開催しました。
参加者は、小中学生60名、ファシリテーターの高校生・学生6名、スタッフ20名の86名。
スーパーバイザーに須郷真弥さんと「ユニサイクルなぎさ」の高橋吾宇さん、若井美菜子さん、和泉田祥一さんをお招きしました。

今回のワークショップの目的は、
1、クラブ・学年を超えて友だちになろう
2、新しい技を覚えよう
3、協力して作品を作ってみよう
の3つ。

テーマは「手をつなごう」で、作品作りは、私立恵比寿中学の同名の曲を使いました。

午前中は、全員で体操と基礎運動を行った後、6つのグループに分かれてのワークで、「新しい技を覚える」ことを課題に、ファシリテーターのサポートも受けながら「教え合い」ました。
「ユニサイクルなぎさ」の2人に、エクストリーム系の技をいろいろと見せていただいき、お昼休みをはさんで「フリー練習」としました。タイヤとペダルだけの「原型一輪車」、タイヤがすごく小さい「ミニ一輪車」などの変わり種にも次々とチャレンジしていました。

午後は、「手をつなごう」の音楽で、2分30秒のミニ作品作り。座り込んでじっくりとイメージを作るグループ、パッと動きだし、動きながら作品を固めていくグループ、リーダー的な子がぐいぐいとひっぱっていくグループ、いろんな意見が飛び出して調整に時間がかかるグループと、それぞれの個性が取り組み方に現れていました。
2時間30分ほどでどのチームも作品ができあがりました。

最後に発表会。音の取り方、歌詞に合わせた表現の工夫など、それぞれのチームの特徴がよく出ていて、いい表現を組み合わせればいい作品になりそうと思わされました。

しながわ一輪車協会では、おおむね年2回、子どもたちのスキルアップと仲間づくりのためのワークショップを開催しています。